20100814-15 Bon Festival recess 3

 書くのが開いちゃいました・・・。

この日は、鹿沼にある区の保養所に宿泊予定。チェックインが14時。
福島を早く出た家族は、目的地に早く着きそうだったので、手前の宇都宮で降り
一般道でゆっくり行こうと決めた。
そうそう宇都宮インターを降りた。
すると、すぐに『ろまんちっく村』という看板を発見!!
何だろうと駐車場に入ると、大きな公園でした。
そこで、子供達とブランコやターザンロープで遊び汗びっしょりになり遊んだあとは
そこにある噴水近くで水遊びをさせてクールダウン。そこを後にした。

その後、保養所に向けて車を走らせたが、チェックインより早い時間に到着。
そこには前日の方々がたくさん居て車も止めれそうになかったので、少し廻りを走ろうと
車を走らせたとたんには、嫁と子供達は爆睡。
1人で自然を感じながら走っていたが、宛てがないので一度、車を止めた。
何処に向かうかを設定。勝手に決めたのは、鹿沼に近い『日光東照宮』。
この場所は、いままで近くまでは行っていたが、初めての場所だったし、
家族も揃っているので是非と思って行っちゃいました。
行って正解でした!!!
歴史のあるとっても良いパワースポットで、子供達も最初は不機嫌でしたが、
そのせいなのか、みんな笑顔で楽しく回れた。
途中、久しぶりの友達にも遭遇してすっげーーーびっくりなこともあった。

すべてを回りきった時には17時を回っており、保養所の食事が18:30。
間に合わないと思い、一度電話を入れ保養所に向かう。

この保養所は初めての場所だったので、正直ちょっとものたいなかったかな・・・。
同区内のジュニアバスケットボールチームの合宿もしていたので、体育館も使えずでしたし。
一歩外でても、廻りには何もないので、部屋でクーラーがんがん効かせて、
嫁と酒を飲み、満たされた時点でガン寝でした。

次の朝も、朝食を取り、保養所近くにある釣り堀へと歩き、子供達と一緒に鮎つり。
餌代だけで竿は無料。でも、怖いのは鮎を1匹につき¥350という価格。
5匹はつれたが、元気そうな2匹を逃がし、3匹分で¥1,050也!!
で、食べようとすると焼き代が¥100かかります。勿論焼いてもらいましたが。
子供達は、自分達で釣ったものを食べて大喜び!!と思ったら、娘の鮎の口から
餌のブドウ虫が顔を出しており、ちょっとびっくりしていました。
顔だけ取ったら普通に食べてましたけどね。

今回の旅行は余裕のある旅行でもなかったので、ちょっとはじけられない感じがありましたが、
子供達は満足で笑顔を持てるだけどこっちも満足でした。

帰りは、高速¥1,000だったので高速でびゅーーーんと帰ってきたとさ。

おしまい

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM